ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ

福島県 ふるさと納税 ニュース

福島

ふるさと納税13%減
件数は32%増、すそ野広がる

 出身地の地方自治体に寄付することで税が控除される「ふるさと納税」が始まって約2年がたつ。県のまとめによると、2009年に県内59市町村に集まった寄付金は1億6095万1793円で、08年の1億8525万8465円に比べて13・1%の減少となった。猪苗代町など1000万円を超える自治体が三つある一方、檜枝岐、北塩原、中島の3村はゼロに終わるなど、市町村によって明暗が分かれる格好となった。

■会津若松件数5倍

 09年の寄付は、総額は減ったものの、件数は08年の1233件に対して1631件と、32・3%増えている。県市町村財政課では「大口の寄付は減ったが、寄付する人のすそ野は広がった」と分析。会津若松市では08年は42件だったのが09年に201件と5倍近くに増えている。

 ただ、寄付額の上位に入った自治体では、まとまった大口の寄付が目立つ。トップの猪苗代町では、県外在住の町出身者が1000万円を寄付した。加えて、「スキーの国際大会の開催地であるため、スキー業界関係者からの寄付も多い」と説明する。

■特典でPR

 税収の伸び悩みという課題に直面していることから、PRに力を入れる自治体は多い。県も「PRの差が寄付額の差につながっているのではないか」(市町村財政課)と見る。

 4番目に多かった白河市では、1万円以上の寄付に対して季節の農産物を贈呈。喜多方市では地元の天然水の詰め合わせを贈るなど、特典を付ける自治体も多い。ほかにも温泉施設の入浴券(会津坂下町)や美術館の入場券(柳津町)などの例がある。

 これに対し、09年は寄付がゼロだった中島村では、08年は村出身の県外在住者に冊子を配るなどして協力を依頼したが、09年は特にPRは行わなかった。村の担当者は「この不景気では頼みにくい。無理強いするものではない」と事情を話す。

 一方、寄付の使途をみると、自然環境の保全や子育て支援など、特定の目的に使うケースが目立つ。ただ、自治体からは「年によって金額の変動が大きく、あまり当てにはできない」との声も聞かれ、基金に繰り入れて計画的に使う自治体が多い。

■県は増額

 年度集計している県に寄せられた寄付は、昨年4月から今月18日までで61件、202万8500円に上り、すでに昨年度の47件154万7800円を上回っている。今年度の寄付のうち8割にあたる約170万円が県外在住者からの寄付だった。

【ふるさと納税】都市と地方の税収格差を是正するのを目的に、08年4月にスタートした。5000円を超える寄付について、居住する自治体に納める翌年度の個人住民税と所得税を軽減する。例えば、夫婦と子ども2人で年収500万円の世帯では5万円寄付すると約2万円が減税される。

(2010.1.21 読売新聞)
タグ:福島県

徳島県 ふるさと納税 ニュース

徳島

県歳入3億5000万円確保
今年度 広告収入や不動産売却

 県は21日、今年度の歳入確保対策の成果として、これまでに広告料収入や使われていない不動産の売却などで、約3億5000万円を確保したと公表した。特に、県に寄付してもらった「ふるさと納税」による収入が約2560万円あり、全国的にも多い額という。来週には知事査定が始まるなど、2010年度予算編成は今が佳境。県は「今後5億円は確保して、県民サービスの向上につなげたい」としている。

 県は、財源不足を補うため、08年度から歳入確保対策に力を入れ、▽ふるさと納税による収入▽県税徴収率アップ▽広告料収入の確保▽不動産など未利用財産の売却――など6項目に取り組んでいる。08年度は5億8000万円を確保した。

 今年度は、広告料収入が県郷土文化会館のネーミングライツの売却などで約5600万円。未利用財産は、社会福祉法人に県有地2か所(計2万平方メートル)を売却するなど5件売却し、約2億6400万円を得た。

 ふるさと納税は、今年度は1月20日現在で205件あり、計2561万7000円。すでに08年度(148件2784万円)に比べて件数で上回り、ほぼ同額が集まった。昨夏には、初年度に寄付してくれた人ら約100人に特産のスダチを送るなど、“つなぎ留め”の工夫もしたという。

 県にとって10年度は、「基金に頼らない財政を」と3か年で取り組んできた財政構造改革の最終年度。21日に県庁で開かれた政策企画会議で、里見光一郎・副知事は関係職員らに、「先行き不透明な時代だが、1円でも2円でも集めて、県民サービスの向上を」とハッパをかけた。

(2010.1.22 読売新聞)
タグ:徳島県

宮城県塩釜市 ふるさと納税 ニュース

宮城

ふるさと納税:塩釜市、倍増の1000万円に−−今年度 /宮城

 塩釜市が5日発表した「ふるさと納税」(寄付金)の受け入れ状況によると、09年度の寄付金額が大幅に増え、年間では08年度実績の倍となる1000万円に達する見通しだ。

 ふるさと納税は08年度から個人納税が制度化され、寄付金のうち5000円を超える分が所得税、住民税の控除対象になるため寄付しやすくなった。同市によると、ふるさと納税は08年度が計33件488万円だったが、09年度は09年4〜12月で既に25件714万円に達し、年間では倍増になる見込みという。

 特に、市外に住む塩釜出身者よりも市内在住者からの寄付が目立ち、6割(約400万円)に上っており、同市財政課は「想定外のことでありがたい」と受け止めている。ふるさと納税の税収は、観光物産振興事業や市民活動推進事業などに活用する方針。【渡辺豊】

(2010.1.8 毎日新聞 地方版)
タグ:宮城県

青森県十和田市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:十和田市の活性化支援へ、市民が会設立 /青森

 ふるさと納税を活用して十和田市の活性化を支援しようと、市民が「ふるさと納税をすすめる会」(杉本佳築子(かつこ)会長)を設立した。市にゆかりのある県外在住者らに制度をアピールし、年間500万円の納税額を目指す。

 設立のきっかけは、厳しい経営状況が続く市立中央病院の支援だ。昨秋、蘆野(あしの)吉和院長の講演を聞いた杉本会長が「地域の病院を守りたい」と知人らに呼びかけた。

 昨年12月に開かれた設立総会では、蘆野院長が病院の現状を「医療費抑制政策に加え、医師確保も困難で経営は思ったほどうまくいかない」と説明。「市にゆかりのある皆さんの協力で、一緒に病院を支えていただければありがたい」とお礼を述べた。

 ふるさと納税は、希望する自治体に寄付をすると住民税などが控除される制度。使途を指定することもできる。

 市に対するふるさと納税は、08年は4件24万円、09年は6件530万円だった。同会は「県外在住の市出身者で作る会などを回って趣旨を説明し、地道に賛同してくれる人を増やしたい」と話している。問い合わせは同会の梅村建治事務局長(電話090・4044・9506)。【喜浦遊】

(2010.1.4 毎日新聞 地方版)
タグ:青森県

兵庫県南あわじ市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:高額寄付者に感謝状 「人形会館建設に」−−南あわじ市 /兵庫

 南あわじ市の中田勝久市長は6日、「ふるさと納税」制度を利用して昨年1年間に100万円以上を納めた高額寄付者17人に、感謝状と記念品を贈った。

 同市は08年9月、「ふるさと南あわじ応援寄付金」条例を制定。ふるさと納税は、淡路人形会館の建設費などに充てられる。同市への寄付は08年と09年の2年間で556件、約7608万円に上り、県内では神戸市に次いで2番目という。

 この日は8人が出席。中田市長は「多くの市民や島外の人たちから心温まる寄付をいただいた。人形会館の建設や教育、福祉などに使わせていただきます」とお礼を述べた。

 鳴門の渦潮観潮船を運航する船会社「ジョイポート南淡路」の山形修相談役(84)は「日ごろから地元のお世話になっており、会社として少しでも恩返しができればと寄付した。市の活性化に役立てればうれしい」と話した。【登口修】

〔淡路版〕

(2010.1.7 毎日新聞 地方版)
タグ:兵庫県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。