ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 広島県

ふるさと納税の手続き 広島県

 1 寄付申出書をHPからダウンロード
  又は郵送で取り寄せます。

 2 寄付申出書を郵便,FAX又は電子メールで提出します。

 3 広島県から納付書が送られてきます。

 4 金融機関で納付(振込)します。

 5 広島県から寄付証明書が発行されます。

 6 所得税の確定申告を行います。
 
→ホームページ
タグ:広島県

広島県三原市 ふるさと納税 ニュース

メルマガで三原の魅力配信

 三原市は、市内外に特産品や地域の話題、観光地などの魅力をPRする情報発信事業を始める。11月をめどにメールマガジンの配信をスタート。その後も地元産品のブランド認定、市に関する検定試験も実施する計画で、「三原ファン」の拡大を目指す。

 市への定住や観光客の誘致、ふるさと納税制度に基づく寄付の増加につなげるのが狙い。1日に市や経済団体、観光協会など11団体で発足した市ふるさと情報発信事業推進協議会が展開する。

 第1弾となるメルマガは、月2回程度の配信を予定。市内のイベントや食べ物、観光地などの情報を伝える。市や三原観光協会のホームページを通じて登録を呼び掛け、地域の話題を取材、投稿してもらう「特派員」も募集する。

 また、農産物や土産物、観光名所を「三原ブランド」とする認定制度を設けてPR。09年度には歴史や文化の知識を深めてもらうための「三原検定」も行う。

(2008.9.10 中国新聞)
タグ:広島県

広島県廿日市市 ふるさと納税ニュース

「物価高騰が影響」廿日市市長 宮島入島税の導入断念
ふるさと納税活用検討

 「急激な社会情勢の変化で見送らざるを得ないと判断した」。11日、宮島への入島税導入の断念を表明した、廿日市市の真野勝弘市長は苦渋の表情で語った。市財政が厳しい状況にある中、入島税は世界遺産・厳島神社や島の環境を守る切り札と期待されたが、徴収の困難さや物価高騰がネックとなった。市は今後、ふるさと納税制度の一部を活用するなど、新たな宮島の保全策を検討する。

 真野市長は昨年の市長選で、入島税の導入を検討するとの公約を掲げて当選。4月には徴収方法などを検討する市のプロジェクトチームが発足した。また、5月に宮島桟橋で観光客らを対象に実施したアンケートでは、回答した307人のうち、7割にあたる217人が導入に賛成した。

 しかし、真野市長はこの日の市議会本会議で、徴収方法の問題に加え、導入検討を始めて以降の、燃料費などの物価高騰という状況の変化が大きく影響したと、導入断念の理由を説明した。

 一方、旧宮島町を地盤とする佐々木雄三市議によると、島内では島民からも徴収するのではと反発する意見や、新税導入で観光客が減ることを懸念する声もあったという。真野市長も答弁で、「関係者すべての理解を得ることが難しかった」と語った。

 市は、宮島保全のため、ふるさと納税制度の一部活用などを検討するが、どれだけの財源が確保できるかは未定。真野市長は「宮島は人類共通の財産。今回の議論を無駄にすることなく、必要な財源の確保に努めたい」と強調した。

(2008.9.12 読売新聞)
タグ:広島県

広島県 ふるさと納税 ニュース

阪神金本選手がふるさと納税
広島県に

 広島県は24日、プロ野球阪神タイガースの金本知憲選手(41)から「ふるさと納税」制度で寄付を受けたと発表した。本人の希望で、金額は明らかにされていない。

 金本選手は広島県出身で広島カープでも主軸で活躍。「スポーツや野球の振興のため、頑張っている子どもたちのために使ってほしい」とのメッセージを県に寄せた。
 寄付金は基金に積み立て、子どもの夢や子育てを支援する事業に活用する方針。県財政課は「感謝したい。協力してくれる人が増えるきっかけになれば」としている。(共同通信)

(2009.7.24 京都新聞)
タグ:広島県

広島県竹原市 ふるさと納税 ニュース

カープOBと中学生が熱戦

 竹原市の賀茂川中は広島東洋カープのOBを招き、セ・リーグ初優勝の体験談などを聞いた。全校生徒101人はチャレンジする大切さを学んだ。

 ふるさと納税を活用し、市教委が本年度始めた竹原っ子夢プロジェクトの一環。外木場義郎さん、木下富雄さん、達川光男さんたち9人が駆け付けた。

 トークショーで、外木場さんは「古葉竹識監督に交代し選手みんなで勝ち取った」と初優勝を回顧。他のOBも「人に支えられて自分がある。選手生活を終えて実感できた」などと話した。

 野球部員との交流試合もあり、寒さを吹き飛ばす熱いプレーを随所に見せた。前キャプテンの3年河村裕也君(15)は「あこがれの存在とプレーでき、夢が一つかなった。大人になっても野球を続けたい」と決意していた。

(2009.12.19 中國新聞)
タグ:広島県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。