ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 大阪府

ふるさと納税の手続き 大阪府

 1 寄付申出書をHPからダウンロード
  又は郵送で取り寄せます。電子申請での手続きも可能です。

 2 寄付申出書を郵便,FAX又は電子メールで提出します。

 3 大阪府から納付書が送られてきます。

 4 金融機関で納付(振込)します。

 5 大阪府から寄付証明書が発行されます。

 6 所得税の確定申告を行います。
 
ホームページ
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

橋下知事、ふるさと納税制度活用

大阪府の橋下徹知事は11日の定例会見で、今年度新規事業の目玉として打ち出している「大阪ミュージアム構想」について、自治体に寄付することで住民税などが控除される「ふるさと納税制度」を活用する方針を明らかにした。橋下知事は「大阪をいい街にしようという構想で、大阪出身の人には地元を盛り上げるために協力してほしい」とミュージアム構想への寄付を呼びかけている。

 ミュージアム構想は、御堂筋や江戸時代の町並みが残る岸和田城周辺など府内の名所を芸術作品に見立て、ライトアップするなどし、府を1つの博物館としてアピールする事業。橋下知事が5日に発表した「大阪維新プログラム案」では、大阪を特徴づけるための重点的な新規事業と位置づけており、7月臨時議会で審議される本格予算案には事業費として1200万円が盛り込まれる予定。

 橋下知事はこの日の会見で、「大阪を応援する皆さんの力で、大阪をいい街にしたい」と話し、ふるさと納税制度を活用して構想に対する寄付金を募り、事業費にあてる意向を示した。制度の活用で、構想を広くPRすることも狙っている。

 府は、ミュージアム構想の制度活用に合わせ、寄付金を呼びかける府のインターネットのホームページ(HP)をリニューアル。今月中にはクレジットカードを使ってHP上で寄付できるようにする。

 一方、毎年秋に行われる御堂筋パレードを歩行者天国にすることを提案している橋下知事は会見で、東京・秋葉原の無差別殺傷事件に触れ、「あのような特殊犯罪を防ぐことは難しい。ただ、特殊犯罪が起きたからといってイベントを中止するとなると、これから何かあるたびにイベントを取りやめなければならなくなり、何もできない」との見解を示し、御堂筋パレードの歩行者天国化を引き続き提案する意向を示した。

(2008.6.11 産経ニュース)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税、新たに1500万円 感謝状贈呈式

 「ふるさと納税」システムを生かした大阪府への寄付に対する感謝状贈呈式が二十七日、府庁であり、橋下徹知事に新たに千五百万円の寄付の申し出があった。府への寄付金は約二週間で四百万円を超えているが、この申し出が実現すれば飛躍的なアップになりそうだ。

 表彰されたのは近畿大名誉教授で、橋下知事の母校・北野高のOBでもある湯浅富一さん(77)。ふるさと納税を活用して「大阪ミュージアム構想」を進める橋下知事の考えに賛同し、百万円を寄付した。

 千五百万円の寄付を申し出たのは、同じ北野高OBとして同席した田中睦さん(77)で、知事との懇談で明かした。

 田中さんは田中電工名誉会長で、会社の創立記念日に当たる九月一日に会社から千万円、個人として五百万円の寄付を予定。「橋下知事はえらい頑張っているし、府の財政の助けになれば」と話した。

 橋下徹知事は先輩の厚意に「これでミュージアム構想が活気づいたので、これからどんどん魅力ある街づくりを進めていきたい」と感謝した。千五百万円の申し出には「本当ですか。それで橋一つライトアップができる」と喜んでいた。

(2008.6.28 大阪日日新聞)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

「ふるさと納税」断トツで大阪がトップ 橋下知事のPR効果絶大

生まれ故郷や応援したい自治体に寄付した金額に応じて、居住地の住民税などが軽減される「ふるさと納税」制度で、大阪府への個人からの寄付が件数、金額ともに全国トップであることが29日、わかった。6月に入って橋下徹知事が、府内の名所を芸術作品に見立ててアピールする事業「大阪ミュージアム構想」への寄付金活用を表明して以降、大幅に増加。全国区の知名度を生かした“橋下効果”が、ふるさと納税にも発揮された形だ。

 府などによると、今月7日現在で個人から寄せられた寄付の件数は115件で金額は約710万円。集約や把握をしていない神奈川県などを除けば、件数2位の鹿児島県(81件)、額で2位の徳島県(447万円)を引き離している。

 中でも、ミュージアム構想への寄付を名目としたものが61件、約427万円といずれも全体の5割を超えた。また、寄付した人のうち、府内在住者とそれ以外の人の割合は半々程度で、府外の中には、府出身でないにもかかわらず、「橋下知事の改革に共感した」という理由で寄付をした人もいるという。

 橋下知事は6月の定例会見で、今年度新規事業の目玉としているミュージアム構想について、「大阪出身の人には、地元を盛り上げるためにも協力してほしい」と、ふるさと納税を事業に活用する方針を発表。

その翌日にはさっそく、橋下知事の高校の先輩で、私立大学の名誉教授を務める男性が現金100万円を持って府庁を訪問し、「ミュージアム構想に役立ててほしい」とその場で寄付を提案した。

 寄付金の用途は各自治体の裁量に委ねられており、府ではミュージアム構想のほか、スポーツ振興や福祉など7種類の基金に適用することができる。

 府の担当者は「ミュージアム構想への共感に加え、府が危機的な財政状況にあることが知事や報道を通じて広く知られたことや、他県よりも大阪の出身者の方が、地元への愛着が強いことも影響しているのでは」としている。

 【ふるさと納税】今年5月から導入された制度で、生まれ育った故郷の自治体などに5000円以上の寄付を行うと、5000円を超えた額から個人住民税、所得税が、その年の所得税確定申告により最大10%控除される。

(2008.7.29 産経ニュース)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:「爆笑問題」が大阪府に1000万円

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんと田中裕二さん=同左、太田さんの妻で芸能プロダクション「タイタン」社長の光代さんの3人が、ふるさと納税制度を利用して大阪府に計1000万円を寄付した。タイタンと業務提携を結んでいる橋下徹知事が、爆笑問題とテレビ局の楽屋で話をしたのがきっかけという。

 府などによると、3人は今月5日、個人名で、歴史的建造物や伝統的な祭りなどを展示品に見立てる「大阪ミュージアム構想」の実現に使途を指定して寄付した。光代さんによると、6月下旬、東京のテレビ局で、公務で上京中の橋下知事が爆笑問題の楽屋を訪ね、ふるさと納税が話題になった。出身地でなくても寄付が可能と知り、「大阪は大変そう。橋下知事も頑張っている」と決めたという。【石川隆宣】

(2008.9.25 毎日新聞)
タグ:大阪府

大阪府千早赤阪村 ふるさと納税 ニュース

千早赤阪 むらブログ
1日、HPでスタート村民らの原稿募る

 のどかな村の雰囲気を感じ取ってもらおうと、千早赤阪村は11月1日から、ホームページ(HP)で「むらのブログ」をスタートさせる。今春から始まった、ふるさと納税制度を受けたPR施策の一環。書き込みは村民らが自由にでき、自然豊かな田舎ならではの魅力を発信するのが狙いで、担当者は「みんなが村の営業マンが合言葉。気軽に参加を」と呼びかけている。

 村外在住者でも書き込めるが、村の話題で営利目的でないことが条件。メールで写真データを添付した記事を募集し、役場がブログを更新していく仕組み。閲覧の感想は送信できない。

 単身赴任などで離ればなれで暮らす家族や、棚田を撮影しに来たアマチュア写真家、アトリエを構える芸術家、金剛山に来たハイカー……。「村で暮らしたり、足を運んだりする人の思いや、活動の話題を寄せてほしい」と担当者は話す。

 トップページは田舎の実家をイメージし、畳の上に「ちょっと一休みして村の空気を感じてみませんか?」と書かれた手紙を置いたデザインに仕立てた。宣伝用の名刺サイズの「心のふるさと紹介カード」が印刷できる画面も用意した。

 ブログでは公募のほか、人形の子豚が冒険して村の遊び方を再発見していく、という職員の連載も計画。村では「地域の息づかいが聞こえてくるようなブログになれば」としている。

 問い合わせは同役場(0721・72・0081)。

(2008.10.28 読売新聞)
タグ:大阪府

大阪府高石市 ふるさと納税 ニュース

学校 耐震化 ふるさと納税で
財政難・高石市、協力呼びかけ

 高石市が市立小中学校の耐震化を進めることを目的に、ふるさと納税制度に基づく寄付を募っている。耐震化率は府内最低だが、財政難で思うように耐震化工事が進められないためで、高石で生まれ育った人々の“郷土愛”にすがる作戦。今のところ応募はゼロで、「子どもたちの命を守るために力を貸してほしい」と、今月から市のホームページ(HP)や広報誌を使って懸命に協力を呼びかけている。

 市によると、市内の校舎は臨海部への企業誘致などで人口が急増した1960年代に建設が集中しており、81年に定められた耐震基準を満たさない建物が大半。10校、計55棟のうち、耐震性に問題がない4棟をのぞき、工事が終わったのは小学校体育館1棟のみで、耐震化率は1割に満たず、全国平均(62・3%)を大きく下回っている。

 同市では、来年度に10棟の工事を予定。総工費は約6億8300万円で、国庫補助をのぞく市の負担分は約2億2700万円になる。市は2015年度に耐震化率を100%にすることを目標としているが、10年度以降に40棟の工事を行う財源が課題となっている。

(2008.10.29 読売新聞)
タグ:大阪府

大阪府貝塚市 ふるさと納税 ニュース

Watch!:ふるさと納税制度 寄付は「バレーボール振興」に /大阪
 ◇今月から受け付け開始
 ◇貝塚市は「東洋の魔女」発祥の地

 貝塚市は今月から、ふるさと納税制度を利用した寄付の受け付けを始めた。集まった浄財は「バレーボールの振興」などに充てることにしており、特定のスポーツを使途にするのは例がないという。貝塚は「バレーボールのまち」を掲げ、年間約2000万円を教室開講など関連事業に支出している。なぜそこまで力を入れるのか? 「貝塚は世界に日本の力を見せつけた『東洋の魔女』発祥の地で、バレーの聖地なんですよ」。市教委社会教育課の三浦基さんが教えてくれた。【酒井雅浩】

 女子バレーは1964年の東京五輪で金メダルを獲得。「東洋の魔女」と呼ばれた当時の代表選手が所属していたのが、貝塚市半田のニチボー貝塚(現ユニチカ貝塚事業所)だった。それから40年以上たった今でも、女子バレーと貝塚のつながりは色濃く残り、年代を問わずバレーファンが多い。

 魔女たちが猛練習した体育館は閉鎖されたが、工場の事務所だった建物を利用して05年10月、「市歴史展示館」がオープンした。「東洋の魔女」専門の資料館で、サインや数々のトロフィー、東京五輪決勝の対旧ソ連戦の写真パネルなど約80点を展示している。中には、伝説の回転レシーブを生んだ体育館の床板まで。所々に残るしみのような跡は「選手たちの汗が染み込んだ」という説もある。

 ユニチカの敷地内には、日本バレーボール協会の「貝塚ナショナルトレーニングセンター」もある。同協会の日本で唯一の専用施設で、主に女子代表が国際大会前の合宿に使用している。

 また、同協会はセンターを拠点とする全寮制の「バレーボールアカデミー」を05年4月に開校。若いエリート選手を英才教育で育成する初の取り組みで、全国から選ばれた女子中学生が、市立第二中に通いながら汗を流す。この熱の入れようは「協会が、世界への扉を開いた貝塚という名前を意識しているから」という。

 同センターで五輪前の調整をしていた代表は6月10日、市立総合体育館で練習を一般公開した。五輪前に代表が練習を公開したのはここだけだった。詰め掛けた約2500人の市民に、柳本晶一監督は「貝塚市のみなさんの声援を励みにがんばってきます」とあいさつ。約1時間、ウオーミングアップや紅白戦などで気迫のこもった動きをみせた。

 終了後、柳本監督と選手は客席にサイン入りボールを投げ込むなど、ファンサービス。退出時には握手やサインにも応じ、中にはお気に入りの選手にプレゼントを渡すファンもいた。練習は03年4月にセンターができて以降、毎年2回ほど公開されており、ファンも楽しみ方を心得ているようだった。

 三浦さんは「貝塚の歴史を語るうえで、女子バレーは欠かせない存在」と話す。北京では惜しくもメダルを逃したが、代表が金メダルを胸に、市内を凱旋(がいせん)パレード−−。市民はその日を心待ちにしている。

(2008.10.31 毎日新聞 地方版)
タグ:大阪府

大阪府大阪市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:大阪市、動物園充実などに /大阪

 生まれ故郷などの自治体に寄付すると住民税の一部控除が受けられる「ふるさと納税」制度について、大阪市は14日、文化振興▽緑化推進▽天王寺動物園の充実−−の3分野に寄付金を活用すると発表した。分野は寄付者が選択し、文楽や大阪フィルハーモニー交響楽団を生かした施策や、御堂筋の街路樹整備などに役立てられるという。

 市によると、8月末現在、寄付は物品も含め約4億1600万円相当で、うち現金が約7100万円。中には古美術品3億700万円相当を寄付した人もいた。平松邦夫市長は「新たな市政参画のスタイル」と位置づけており、市の全職員にも寄付を呼びかける。また、既に寄付した人も含め1万円以上の寄付には市の美術館など8施設の無料招待券を発行し、寄付を呼びかける。【田中龍士】

(2008.11.15 毎日新聞 地方版)

大阪府大阪市 ふるさと納税 ニュース

大阪市長が全職員4万人にふるさと納税呼びかけ

 自治体に寄付すると住民税などが軽減される「ふるさと納税」制度で、大阪市の平松邦夫市長は14日、すべての市職員約4万人に寄付を呼びかけることを明らかにした。市外居住者が全職員の約6割を占める事情を踏まえ、平松市長が職員らにも財政支援を求めた形。ただ、職員からは「寄付にかこつけて忠誠心を試されている」との反発を受けかねず、担当者も「どれだけの協力が得られるだろうか」と不安視している。

 市は、5月からふるさと納税の募集を開始し、これまでの寄付は8月末現在で68件、計約4億2000万円。

 市職員は、市内居住の約1万6500人に対し、市外が約2万3500人と過半数を占める。職員への寄付の呼びかけは、平松市長がすでに幹部職員らの会合で方針を伝えており、今後、庁内メールなどで周知する。約1カ月かけて寄付を募る予定。

 平松市長は14日の定例会見で、「制度の趣旨を考えると、市外居住の職員に積極的に協力してほしい」と述べたうえで、「強制ではないが、職員が率先して市を応援する気持ちを表現してほしい」と求めた。

 ただ、税が軽減されるとはいえ、寄付した全額が収入から控除されるわけではなく、確定申告の手続きも必要になるなど、負担はある。

 市の担当者は「強制と感じる職員もいるかもしれない。目標数値もなく、どのくらいの協力がもらえるだろうか」と話している。

(2008.11.14 産経ニュース)
 
タグ:大阪府

大阪府岸和田市 ふるさと納税 ニュース

清原さんが「ふるさと納税」 岸和田市に150万円

今季限りでプロ野球選手を引退した清原和博さん(41)が10日、出身地の大阪府岸和田市に「ふるさと納税制度」を利用して150万円を寄付した。父親の電器店経営、洋文さん(71)が代理で同市役所を訪れ、野口聖市長に現金で手渡した。

 同市のふるさと納税制度では集まった寄付を基金として積み立て、伝統のだんじり祭やスポーツの振興などに活用する。清原さんは洋文さんを通じ、「野球を通じて様々な人と出会い、様々なことを学んだ。岸和田の子どもたちがスポーツを通じて何かをつかんだり、スポーツ選手に夢を抱いてもらえたりするような環境作りに役立てて」とコメントした。

 同納税制度は、居住地以外の自治体に寄付すれば住民税が一部控除される。同市では6月に制度が創設され、12月3日現在の寄付総額は18件、約98万円。市の担当者は「清原さんの寄付をきっかけに認知度がもっと上がれば」と期待を膨らませていた。

(2008.12.10 朝日新聞)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

獲得せよ1000万円
ふるさと納税 府東京事務所 同窓会やチラシでPR

 「ふるさと納税制度」を活用した寄付の今年度の獲得目標を1000万円に設定している府東京事務所(東京都千代田区)が、あの手この手の〈お願い作戦〉を展開している。15人の職員が通常業務の合間を縫って、府出身の首都圏在住者にチラシを配ったり、都内にある府立大や府立高校の同窓会支部を回ったり。昨年12月末で90件763万円を集めており、目標達成に向け府出身の著名人にも協力を呼びかけていく。

 「ふるさと納税の活用で元気で笑顔あふれる大阪を一緒につくるのはあなたです」。寄付を呼びかけるチラシには、橋下知事の顔写真とメッセージが添えられ、国の重要伝統的建造物群保存地区の富田林市・寺内町や、岸和田だんじり祭、千早赤阪村の棚田などの写真が並ぶ。寄付を、まち全体を博物館に見立てる「大阪ミュージアム構想」に使うことを前面に打ち出し、里心をくすぐる狙いだ。

 財政難の府は今年度の寄付の目標総額を1億円としているが、部局で個別目標を設定したのは府東京事務所だけだ。府出身の官僚や有力企業の社員が首都圏に多いことから、橋下知事の指示を受けて決めたという。

 同窓会支部を回る際は、前もって大阪の本庁舎などにいる各校の卒業生の職員に橋渡しをしてもらっており、これまでに13支部を訪ねた。都道府県会館7階にある事務所には、訪れた人に関心を持ってもらい寄付につなげようと、ミュージアム構想の関連グッズを目立つ場所に置いている。

 目標を設定した10月2日までは17件約30万円しかなかった寄付は急増。同事務所は「目標を持つことで職員の意識も高まった。達成に向け、お願いを続けたい」としている。

ふるさと納税制度 出身地や応援したい都道府県、市区町村に寄付すれば、5000円を超える分について、住んでいる自治体に納める地方税の個人住民税と、国税の所得税から軽減される。収入や世帯構成などに応じて控除額に上限がある。

(2009.1.7 読売新聞)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

さんまが大阪府に寄付 ふるさと納税制度を活用

 大阪府の橋下徹知事は13日、タレントの明石家さんまさんから、ふるさと納税制度を活用した寄付の申し出があったことを明らかにし、「ありがたい。本格的な御堂筋のイルミネーションに向けて頑張っていきたい」と述べた。

 橋下知事は、「日本のトップタレントなので、幹部に『しかるべき対応をお願いします』とメールを送った」と説明。納税額については、「住民税の1割が限度だから」と明らかにしなかった。

 昨年9月には、橋下知事と親交のある人気お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんと田中裕二さんらもふるさと納税制度を活用して府に1000万円を寄付している。

(2009.1.13 産経ニュース)
タグ:大阪府

大阪府大阪市 ふるさと納税 ニュース

大阪市ふるさと納税 6億6700万円

 応援したい自治体に寄付すれば個人住民税などが控除される「ふるさと納税制度」で、大阪市は29日、昨年12月までに2886人から計6億6700万円が寄せられたと発表した。うち、2406人(7200万円)は市職員で、寄付者の8割以上を占めた。平松邦夫市長は昨年11月中旬、全職員(約4万人)に寄付を呼びかけ。応じた職員は約6%だが、平松市長は「1か月半でよく集まったと思う」としている。職員以外では市OBからの寄付が48人(200万円)、一般市民らが432人(現金1億100万円、美術品など4億9200万円)だった。

(2009.1.30 読売新聞)
タグ:大阪府

大阪府箕面市 ふるさと納税 ニュース

ネットで「ふるさと納税」を - 大阪府箕面市がクレジット対応の新サービス

大阪府箕面市は31日、出身地など任意の自治体に納税できる「ふるさと納税」について、クレジットカード決済に対応したインターネット収納サービスを4月1日から開始すると発表した。同サービスで納税した人は、行者そばや柚子マーマレードなどからなる「箕面特選ふるさとセット」進呈の特典も受けることも可能となっている(10,000円以上の納税が対象)。

箕面市は、フューチャーコマースが提供するインターネット収納サービス「F-REGI(エフレジ)公金支払い」を導入。同時に、ジェーシービーと三井住友カードのクレジットカード2社と契約し、クレジットカード決済に対応した「ふるさと納税」のインターネット収納サービスを可能にした。

同サービス開始により、「ふるさと納税」による納税希望者は、箕面市の受付窓口での申込みに加え、インターネットを通じた納税が可能。

10,000円以上の納税をした人に対しては、柚子マーマレード・もみじの天ぷら・箕面麦酒(地ビール)・行者そば・絵はがきのセットなどからなる「箕面特選ふるさとセット」進呈の特典も受けることもできる(中身は季節によって変更あり)。

大阪府箕面市の「ふるさと納税」URLは以下の通り(4月1日午前9:00から閲覧可能)。

http://www2.city.minoh.osaka.jp/SEISAKU/hurusatokihukin/home.html

(2009.3.31 MYCOMジャーナル)
タグ:大阪府

大阪府 ふるさと納税 ニュース

爆笑問題、また1000万円を大阪に納税

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(44)と田中裕二(44)、太田の妻で、所属事務所「タイタン」の光代社長の3人が、ふるさと納税制度を利用して大阪府に計1000万円を寄付することが14日、分かった。3人は昨年9月にも同様に1000万円寄付している。

 「タイタン」は、知事就任前から橋下徹知事(39)と業務提携し、「就任後もできるだけのことはしようと、橋下さんを応援している」と光代社長。「今年もよろしくお願いします」と橋下知事から依頼があり、応えることになった。

 使い道は、知事の意向に任せるといい、大阪市のメーンストリート・御堂筋のイチョウ並木を冬場に飾り付ける公約事業「御堂筋イルミネーション」の基金になる予定だ。

 同事業は、1億円を目標に寄付を募り、集まった額に応じてイルミネーションの距離(最大1・2キロ)が変わる。現時点での寄付は約240万円にとどまっており、6月末までの目標額7500万円に遠く及ばない。

 この日は、府民らから寄付を募ろうと、府の担当部長らが現地周辺で午前8時から、通勤客らに呼びかけのチラシを配った。

(2009.5.15 おおさか報知)
タグ:大阪府

大阪府箕面市 ふるさと納税 ニュース

箕面市会見にPRボード
市章やユズキャラクター

 箕面市は、記者会見で市をPRする「インタビューボード」の導入を始めた。橋下知事の会見などを参考にしたといい、市箕面営業課は「旬の話題や会見テーマに合わせ、ボードの内容を変えていきたい」とする。

 このボードは、縦約90センチ、横180センチで、職員の手作りで経費はゼロ。市章と、「子育てしやすさ日本一宣言」など計3種のキャッチフレーズ、ふるさと納税制度のPRなどが並ぶ。

 今の〈一押し〉は、29日に名称が発表される市の特産・ユズのPRキャラクターで、「ゆずともみじの里・みのお」のメッセージを添えている。

 25日、サルへの餌やり禁止条例について会見した倉田哲郎市長は、ボードを背に「箕面には滝とモミジを見に来ていただきたい。箕面のサルは国の天然記念物で、そっとしておいてほしい」などと呼びかけた。

(2009.9.26 読売新聞)
タグ:大阪府

大阪府八尾市 ふるさと納税 ニュース

菊水丸さん、抗議のふるさと納税
悪臭問題で南山城村を批判

京都府南山城村に住む河内家菊水丸さん(46)が17日、故郷の大阪府八尾市に「ふるさと納税」制度を使い寄付をした。「村内の悪臭問題で対策は何ら前進していない。村への抗議の意味も込めて八尾市にふるさと納税した」と話している。

 菊水丸さんは20年前、八尾市から南山城村の月ケ瀬ニュータウンに転居した。「自然を求めて村に来たのに、においで窓も開けられない。歴代の村長に解決を求めてきたが改善されていない」とし、「今後1年で改善されなければ、八尾市に住民票を移すことも考えている」と話した。

 南山城村によると、菊水丸さんらの住む住宅地近くには、地元住民が経営する養豚場があり、住宅地の住民らが「悪臭がする」として改善を求めている。

 手仲圓容村長は「ニュータウンの入居者を増やすためにも、(悪臭問題で)新たな努力を続けている。結果を見てもらうしかない」と話している。
 菊水丸さんは「金額だけの問題ではない」と寄付額を明らかにしなかったが、額に応じて南山城村への納税が減免される。

(2009.11.20 京都新聞)
タグ:大阪府

大阪府大阪市 ふるさと納税 ニュース

低迷ふるさと納税、寄付増狙いネットでカード払いOK 大阪市

 出身地の自治体などに寄付すると、所得税や住民税が減額される「ふるさと納税制度」について、大阪市は今月から、インターネット上の手続きだけで、クレジットカード払いによる寄付ができるようにした。財政難を少しでも楽にするため、手続きを便利にして寄付額を増やすのが狙い。政令市では横浜、神戸、京都各市に次いで4市目。

 カード決済代行事業者、フューチャーコマース(京都市)のシステムを利用。ビザ、マスターカード、JCBのクレジットカードが使える。希望者は、市のふるさと納税のホームページで自分のメールアドレスを入力して送信。返信メールに記載されている寄付手続きページにアクセスし、氏名や寄付額、カード番号などを入力する。

 手続きが完了すれば、カード会社が寄付額を金融機関の口座から引き落とし、市に納める。24時間手続きができ、景品などと交換できるクレジットカードのポイントも寄付額に応じて付く。

 市によると、平成20年度の寄付額は2605件、約1億870万円。21年度は、景気低迷の影響もあり、昨年12月末までで約1800件、約6700万円にとどまる。

(2010.2.18 産経ニュース)
タグ:大阪府

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。