ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 群馬県

群馬県 ふるさと納税 ニュース

「ふるさと納税」受け付け開始 群馬
2008.6.18 02:07

 群馬県は、出身地や応援したい任意の自治体に寄付をすると、個人住民税(県民税と市町村民税)が軽減される「ふるさと納税」制度の受け付けを始めた。県外に居住する県出身者は約200万人といい、寄付金の使途対象を選べる7つの事業メニューを用意した。

 県税務課によると、ふるさと納税は、出身地などの自治体に対する5000円以上の寄付金が対象。居住地の自治体に納める住民税額の約1割を上限に、寄付金額から5000円を除いた額が住民税から控除される。

 寄付方法は、申し込み後に県から送付された納付書か、現金書留で払い込む。寄付した人には、領収書と大沢正明知事名の礼状などが送付される。また、群馬にゆかりのない人も寄付できる。

 県が寄付対象として用意したメニューは、(1)尾瀬国立公園の保護・育成(2)「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録推進(3)「観光立県ぐんま」の推進(4)ふるさと群馬の子育て支援(5)豊かな水源・森林づくり(6)芸術・文化・スポーツの振興(7)県政一般−の7事業。 同課は「寄付を通じ、生まれ育った群馬を応援してほしい。1円からでも寄付を受け付けたい」としている。

 ふるさと納税に関する問い合わせは県税務課企画調整係(電)027・226・2192。

(2008.6.18産経ニュース)

ふるさと納税の手続き 群馬県

1 寄付申出書をHPからダウンロード
  又は郵送で取り寄せます。

 2 寄付申出書を郵便,FAX又は電子メールで提出します。

 3 群馬県から納付書が送られてきます。

 4 金融機関,又は現金書留で納付(振込)します。

 5 群馬県から領収書が発行されます。

 6 所得税の確定申告を行います。

→ホームページ
タグ:群馬県

群馬県 ふるさと納税の使い道

1.尾瀬国立公園の保護・育成
2.「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録推進
3.「観光立県ぐんま」推進
4.ふるさと群馬の子育て支援
5.豊かな水源・森林づくり
6.芸術・文化・スポーツの振興
7.県政一般に対する寄附
タグ:群馬県

群馬県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税 アイデアに差 ?
嬬恋139件、片品21件、沼田11件・・・県ゼロ

 自治体に寄付すると住民税などが控除される「ふるさと納税制度」が始まって2か月が経過した。県内でも募集する自治体が徐々に増え、12市では高崎、沼田、みどり3市が募集を始めている。要項の送付対象者を絞った嬬恋村など、予想以上の寄付の集まりに驚くケースがある一方で、県のように申し込みがまだないケースもあり、すでに自治体ごとに明暗が分かれている。

 嬬恋村は、約6800世帯ある鎌原地区の別荘所有者にターゲットを定め、6月上旬、一斉に寄付の募集要項を郵送したところ、30日時点で申し込みが139件、計約179万円分に達した。村政策推進課は「嬬恋は別荘がたくさんあるのが特徴。所有者は村に愛着を持っているので、そこにお願いするのが良いと考えた」としている。

 片品村は、寄付者に野菜や温泉の割引券などを贈る特典をつけて、5月上旬、村内外の企業数百か所に要項を郵送し、30日までに21件の応募があった。沼田市も、市にゆかりのある人に登録してもらう「準市民制度」を活用し、登録者約3400世帯に6月20日に要項を送り、30日までに早くも11件の申し込みがあった。

 一方、県は「尾瀬国立公園の保護・育成」や「富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録推進」など7項目から使途を選べるようにし、6月16日に募集を始めたが、30日までの申し込みはまだゼロだ。

 税務課は、「『ふるさと』は、わが町、わが村という思いが背景にあると思うが、県もまた、ふるさとだということをアピールしたい」とし、今後、7月5日に東京・銀座にオープンする県の情報発信拠点「ぐんまちゃん家」など県外の出先機関にチラシを置いたり、各地の県人会に募集内容を知らせるなどしてPRに力を入れることにしている。

 また、4月から制度導入に先駆けて寄付金制度としてスタートさせたみどり市も使途を選べるようになっているが、申し込みはまだ2件。理由として「PR不足」を挙げた。高崎市は27日にホームページで募集を始めたばかりだ。

(2008.7.1 読売新聞)
タグ:群馬県

群馬県前橋市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:前橋市、きょうから受け付け /群馬

 前橋市は「ふるさと納税」制度の導入を決め、22日から市のホームページ(HP)などで寄付金の受け付けを開始する。来年の中核市移行や富士見村との合併を見据え、魅力ある街作りのため、市外在住者からも支援を募るのが狙い。

 同制度は故郷など居住地以外の自治体に5000円を超える寄付をすると住民税などが控除される仕組み。寄付は市が現在事業計画を進めている▽産業 ▽健康・福祉▽教育・文化−−などの7項目が募集対象で、HPでは「水と緑自慢コース」「元気はつらつ!いきいきコース」などのコース別に受け付ける。

 寄付者が「美術館創設に使ってほしい」など、現在進行中でない事業目的で寄付を申し込んだ場合は「ふるさと前橋応援基金」として積み立てる方針。市は9月市議会定例会に同基金創設のための条例案を提出する。【杉山順平】

(2008.8.22 毎日新聞 地方版)
タグ:群馬県

群馬県草津町 ふるさと納税 ニュース

群馬・草津町に4000万円の寄付 「よいとこ基金」開設1号

 草津町は1日、好きな自治体を選んで寄付し納税できる「ふるさと納税」にあたる「草津よいとこ元気基金」を開設した。その記念すべき第1号として、4000万円もの高額な寄付が届いた。年間予算の約1%にあたる高額の寄付に、同町は「これほどの寄付は前例にない。本人の意思を尊重し、事業推進に役立てたい」としている。

 寄付は、大手繊維製造会社に勤務するなどし、今年8月に57歳で亡くなった浅川光国さんが、「故郷の草津町のためになるよう寄付をしたい」との意志を示していたため、母親が行った。母親は「町のために有効に使ってほしい」と話した。

 同基金では、寄付者が使用目的を15項目の中から選べる方式で、母親は少子高齢化対策と障害者対策・社会福祉事業に各1500万円、温泉文化の保護事業に1000万円を充てるよう希望した。

(2008.10.2 産経ニュース)
タグ:群馬県

群馬県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:明暗 草津町4000万円大口寄付 県には計9万8000円 /群馬
 ◇県には6人計9万8000円

 県は3日、6月に導入した「ふるさと納税」の寄付が、2日現在で6人から計9万8000円にとどまっていることを明らかにした。県議会の総務企画常任委員会で阿部知世氏(爽風)の質問に答えた。一方、今月から始めた草津町は町内の女性から4000万円の大口寄付を受けるなど、自治体によって明暗が分かれている。

 県に寄付した6人のうち3人は県出身、別の3人は東京都出身で、子育て支援や森林保全事業への寄付だった。県は東京・銀座の「ぐんま総合情報センター」(ぐんまちゃん家(ち))で制度のPRを強化し、寄付を呼び掛ける。

 一方、草津町草津の無職、浅川とめさん(91)は1日、「草津よいとこ元気基金」に4000万円を寄付。8月に病死した長男(57)の遺志を引き継ぎ、遺産を処分した。

 県税務課によると、全国都道府県では8月末現在で大阪府が3億4600万円で最多、隣の栃木県も2億250万円で上位につけている。

 県内では10月から伊勢崎市など9市町村が新たに制度を導入。県のほか、全12市を含む23市町村でふるさと納税が可能になった。【伊澤拓也】

(2008.10.4 毎日新聞 地方版)
タグ:群馬県

群馬県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税制度51人から158万円

 自治体に寄付すると住民税などが控除される「ふるさと納税制度」で、県が昨年6月に募集を始めてから、今年1月末までに、51人から計158万8000円の寄付金が集まった。1人あたりの最高額は20万円で、2例あった。県の調べでは、この時点での本県への寄付金額は東京都と青森県を除く45道府県中40位。件数ベースでは20位だった。

 寄付金が他県に比べて少ないため、6日の県議会予算特別委員会では、一部の県議から「制度を生かし切れていない」との指摘も上がったが、県幹部の間では「財政難の下では、特産品贈呈などの派手なPRは無理」との意見が大勢。ポスターでの呼びかけや県人会の会報への掲載など、新年度も従来の取り組みを続ける。これまでのPRには約40万円の費用がかかったという。

(2009.3.8 読売新聞)
タグ:群馬県

群馬県草津町 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税者に特典 群馬・草津町

 群馬県草津町は、同町の「ふるさと納税」への寄付者に対し、草津国際スキー場の1日リフト券などを贈呈する特典制度を設けると発表した。

 同町の昨年度のふるさと納税寄付額は、大口の寄付もあり、県内自治体で最高額となる4016万円(5件)を記録。しかし、今年度は現在までに約7万円(2件)と伸び悩んでいるため、特典制度を導入することにしたという。

 同町によると、寄付金額1万円以上5万円未満の寄付者に対し、同スキー場の1日リフト券を金額に応じて2〜6枚、5万円以上の寄付者に対しては金額に応じ、シーズン券を1〜3枚、それぞれ贈呈する。

 同町総務課は「特典効果で寄付額の増加に加え、スキー場の集客にもつながれば」と話している。

(2009.12.3 産経ニュース)
タグ:群馬県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。