ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 青森県

ふるさと納税の手続き 青森県

 1 寄付申出書をHPからダウンロード
  又は郵送で取り寄せます。電子申請での手続きも可能です。

 2 寄付申出書を郵便,FAX又は電子メールで提出します。

 3 青森県から納付書が送られてきます。

 4 金融機関で納付(振込)します。

 5 青森県から寄付証明書が発行されます。

 6 所得税の確定申告を行います。
 
 →ホームページ 
タグ:青森県

青森県 ふるさと納税 ニュース

 応援したい自治体に寄付金を贈ると、居住地の個人住民税などが軽減される「ふるさと納税制度」の導入から1か月半がたった。読売新聞青森支局の集計では、県と県内10市に申し出のあった寄付は、計23万円にとどまっている。自治体の中には、特産品を贈って寄付を募ろうとする動きもあり、“アピール合戦”が熱を帯び始めている。(池田慶太、佐藤純)

 県と県内10市によると、同制度に基づく寄付(今月16日現在)があったのは、〈1〉県10万5000円(2件)〈2〉青森市7万円(同)〈3〉黒石市5万円(1件)――の3自治体。平川市には、同市出身の埼玉県在住者から毎月5000円を寄付するとの申し出が1件あったが、残る7市には寄付の動きが全くない。

 弘前市の担当者は「弘前市出身者にふるさとを思う人が少ない訳ではないと思うのだが……」と少々寂しそうに話す。同じくゼロ件の八戸市は、「まだ制度が十分周知されていないためだろう」と分析する。

 同制度は、応援したい自治体ならどこへでも寄付できるのが特徴。寄付するつもりのある県外在住者がどの自治体を選ぶのか、がカギとなるため、各自治体は、あの手この手でPRに躍起となっている。

 県は、5月中旬に専用ホームページ(HP)「結集!! 青森力 ふるさと青森応援サイト」を開設し、広報用パンフレットやのぼり旗を作成。先月に東京都内で開かれた県立青森高校の同窓会で500冊のパンフレットを配るなどして、寄付獲得にこぎつけた。

 平川市は、同制度を「物産を県外に売り込むチャンス」と位置づけ、10万円以上の寄付者に対し、じねんじょやリンゴジュース、コメなど、1万円相当の特産品を贈る予定。当面は県外在住の市出身者で作る「平川会」にターゲットを絞り、寄付を呼び掛けるという。

 十和田市は、寄付者に対し、開館したばかりの市現代美術館の優待券を贈ろうと検討中。寄付金アップと、市外在住者への同館PRという“両取り”を狙う。

 このほかに、寄付の「使い道」を明確化させるため、受け皿となる基金創設を検討中の自治体もある。

 一方、特典を使って呼び込もうとする動きに、冷ややかな視線を送る自治体もある。寄付者に礼状を返すだけという青森市の担当者は、「寄付は善意でするもの。代価としてプレゼントをあげるのは抵抗がある」と話す。

 相対的には、新たな財源としての期待感は高まる傾向にあり、県税務課は「年末になれば、もっと動きが出てくるだろう」と話している。

ふるさと納税制度 希望する都道府県や市町村に5000円を超える寄付をすると、所得税と居住地の住民税が軽減される仕組み。4月末に地方税法が改正され、5月1日に制度がスタートした。
(2008年6月18日 読売新聞)

青森県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税「広報士」
導入5か月低迷に歯止め

 出身地や応援したい自治体に寄付すると住民税などが軽減される「ふるさと納税」が、今年5月に導入されて約5か月。県内の自治体でも、寄付金に応じて地元の農産物や特産物を贈呈してPRする、“獲得合戦”が依然熱を帯びている。ただ、県への寄付件数は減少の一途をたどり、全体的にも低調傾向。このため県は、認定した職員がPRに一役買う「あおもり・ふるさと納税広報士」を発足させ、寄付金の獲得対策に乗り出した。

(鯨岡学)

 読売新聞社は先月下旬、県と県内の40市町村に聞き取り調査を実施。それによると、寄せられた寄付金は計109件、総額は1082万7295円だった。件数では、県が最も多い14件(61万5000円)。続いて、つがる市が10件(12万円)、青森市(142万円)と平川市(25万円)が9件、弘前市が8件(34万5000円)だった。中泊町や野辺地町、蓬田村など16市町村は寄付金がなかった。

 市町村で最多のつがる市はゴボウを練り込んだ特産品「牛蒡(ごぼう)めん美人」(2000円相当)、2番目の平川市は10万円以上の寄付者にコメや自然薯(じねんじょ)などの詰め合わせ(1万円相当)を贈るなどし、地元の特産品を利用して寄付の獲得に一定の成果をあげた。

 一方、青森市や弘前市は市長名で礼状を送る程度にどどめ、青森市市民税課の担当者は「寄付はあくまでも善意。特産物などをお返ししようとは思わない」と、“特典”には否定的。鰺ヶ沢町も、町が発行する冊子を送るだけだが6件の寄付があり、必ずしも、特典と寄付件数は結びついていない。

 ただ、同様に知事名の礼状にとどめる県の場合、6月に7件(35万5000円)あった寄付が、7月は3件(16万円)、8月は3件(7万円)と低迷。9月はわずかに1件(3万円)にとどまり低調傾向に歯止めがかからない。

 このため県は、担当課の職員以外にもふるさと納税をPRしてもらおうと、「あおもり・ふるさと納税広報士」を先月発足。職員を対象に、ふるさと納税に関する認定試験を行い、合格した職員が出張先や同窓会などで積極的にPRを行っている。

 県税務課は「取り組みが遅れている自治体の職員にも参加してもらい、獲得の増加につなげたい」と、県内の市町村職員にも受験を呼びかけている。

(2008.10.3 読売新聞)
タグ:青森県

青森県青森市 ふるさと納税 ニュース

プロスキーヤー・三浦さん 青森市にふるさと納税

 青森市出身のプロスキーヤーで、5月にエベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)登頂に成功した三浦雄一郎さん(76)=青森市名誉市民=が、「ふるさと納税制度」を利用し、青森市に寄付をした。

 同市市民税課によると、三浦さん側が10月7日、ファクスで寄付を申し出て、同17日、寄付金が市の口座に振り込まれた。本人の希望で金額は明らかにされていない。

 市は近く、三浦さんに礼状を送る。同課の山上英明課長は「非常にありがたい。著名な方の寄付は制度のPRにもなる。寄付金は大切に使わせていただく」と感謝している。

 三浦さんの長女の恵美里さん(47)は「父のルーツは青森にある。生まれ故郷のお役に少しでも立てればいいと思って寄付をした」と話している。
 青森市にはこれまで、出身者ら14人から総額214万円が寄付されている。

(2008.11.06 河北新報)

タグ:青森県

青森県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税犬よろしく

 県は、ふるさと納税のイメージキャラクター「ふるさと納税犬」を考案した。かわいらしい二匹の犬に本県の形や模様を取り入れており、話題づくりにつなげることが狙い。ほかにも六月一日からインターネットを活用しクレジットカードでふるさと納税ができる仕組みを導入するなど、二年目に入ったふるさと納税制度のPRを強化し、一層の獲得を目指す。

 キャラクターは体の模様が青森県の形で八甲田をイメージした名前の「ハコくん」と、耳の形が青森県で陸奥湾をイメージした名前の「ムッちゃん」。県税務課の小玉直史主査が考案した。今後、パンフレットなどに掲載する。

 一方、クレジットカード納付の導入により、自宅のパソコンを使っていつでもふるさと納税の寄付ができるようになる。現行は、寄付する人が金融機関の店舗に出向いて振り込んでいるが、県指定以外の金融機関では振込手数料が発生するため、指定金融機関がほとんどない県外の人には負担が生じていた。

 また、県が二月から始めた「ふるさと納税広報士検定」をインターネットで一部体験できるチャレンジサイトを開設したほか、職場や町内会、サークルなどの要請に応じ、外に出向いて検定試験を行う出前講座も進める。

 小玉主査は「キャラクターを見た人が『何これ?』と思ってくれれば、ふるさと納税の話をするきっかけになる」、川村昌廣課長は「県外の県人会などで話題になってくれればいい」と話している。

(2009.5.29 東奥日報)
タグ:青森県

青森県十和田市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:十和田市の活性化支援へ、市民が会設立 /青森

 ふるさと納税を活用して十和田市の活性化を支援しようと、市民が「ふるさと納税をすすめる会」(杉本佳築子(かつこ)会長)を設立した。市にゆかりのある県外在住者らに制度をアピールし、年間500万円の納税額を目指す。

 設立のきっかけは、厳しい経営状況が続く市立中央病院の支援だ。昨秋、蘆野(あしの)吉和院長の講演を聞いた杉本会長が「地域の病院を守りたい」と知人らに呼びかけた。

 昨年12月に開かれた設立総会では、蘆野院長が病院の現状を「医療費抑制政策に加え、医師確保も困難で経営は思ったほどうまくいかない」と説明。「市にゆかりのある皆さんの協力で、一緒に病院を支えていただければありがたい」とお礼を述べた。

 ふるさと納税は、希望する自治体に寄付をすると住民税などが控除される制度。使途を指定することもできる。

 市に対するふるさと納税は、08年は4件24万円、09年は6件530万円だった。同会は「県外在住の市出身者で作る会などを回って趣旨を説明し、地道に賛同してくれる人を増やしたい」と話している。問い合わせは同会の梅村建治事務局長(電話090・4044・9506)。【喜浦遊】

(2010.1.4 毎日新聞 地方版)
タグ:青森県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。