ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 福島県 > 福島県会津若松市 ふるさと納税 ニュース

福島県会津若松市 ふるさと納税 ニュース

鶴ヶ城整備に寄付 100人に書を贈呈

 会津若松市は16日、ふるさと納税「城下町會津 まちづくり寄附(きふ)金」の鶴ヶ城整備に3万円以上を寄付し、記念品として京都市北区の「大徳寺黄梅院」の小林太玄住職(70)の直筆書の贈呈を受けた人が100人に達した、と発表した。

 市によると、4月17日の受け付け開始後、寄付件数は113件、金額は約359万円に上った。内訳は同市内55件、同市を除く県内48件、県外10件で、うち3万円以上が105件を数え、贈呈を辞退した5人を除く100人に小林住職の書を贈った。

 2008年度実績の57件(約108万円)を大きく上回る結果に、菅家一郎市長は、記者会見で「貴重な浄財に感謝したい。小林住職から『引き続き協力したい』との申し出があり、今後も寄付者に無償提供したい」と話している。

(2009.7.17 読売新聞)
タグ:福島県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。