ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 鳥取県 > 鳥取県米子市 ふるさと納税 ニュース

鳥取県米子市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税 記念品決まる 米子市

 出身地などに寄付をすると所得税の控除が受けられる「ふるさと納税制度」の利用者を増やそうと、米子市が地元企業に提供を求めていたお礼用の記念品が決まった。3000円以上の人にどら焼きなどのセットを贈り、1万円以上の人は特産品1品を追加で選ぶことができる。リストを近くホームページに掲載し、チラシ5000枚を出身者らに配ってPRする。

 セットはどら焼き5個とペットボトル入り緑茶1本、淀江ゆめ温泉の入浴券2枚などに加え、市のキャラクター「ヨネギーズ」の携帯ストラップなど市が用意するグッズの計7品で、3260円相当という。

 特産品は、地元の13社からハムやコーヒーの詰め合わせ、地酒セット、皆生温泉の旅館利用券など18種類が寄せられた。いずれも5000円相当(うち市の負担は2000円)で、差額と送料は企業が負担する。

 制度が始まった昨年度、市には134件(1067万円)の寄付があり、県内の自治体で最も多かった。

(2009.5.20 読売新聞)
タグ:鳥取県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。