ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 香川県 > 香川県 ふるさと納税 ニュース

香川県 ふるさと納税 ニュース

香川
ふるさと納税1年 県と17市町に計7810万円

 出身地の自治体などに寄付すると、居住地の住民税などが軽減される「ふるさと納税制度」がスタートして1年。県と17市町を合わせた寄付の総額は、7810万1770円(3月末現在)に達した。財政難を吐露する“泣き落とし”や特産品とのセットで郷愁を誘う作戦など、各自治体の創意工夫をしのばせる結果となった。

 17市町分は3631万1500円で、トップは丸亀市の638万7000円。「資金不足で事業が停滞」とホームページで打ち明けたところ、1月には市在住の夫婦から500万円もの大口寄付があった。

 2位は622万7000円の観音寺市。海産物やだししょうゆなど特産品の詰め合わせを特典にしたところ、「懐かしい味。また振込用紙を送って」と逆に市に礼状が届く人気という。高松市も玉藻公園などの年間パスポートを用意して最多の84件を集めたが、額は369万5000円で4位。「物で釣るのではなく、高松を訪れてという気持ち」と誘客をも狙う。

 県には4179万270円が寄せられ、うち、来年開催する「瀬戸内国際芸術祭」が3719万6000円で9割弱を占めるなど、使途を選んでもらう方式が奏功した。「選択肢を増やして、さらに関心をひく」と意気込み、4月からは「渇水など水資源対策」「四国八十八か所の世界遺産登録支援」を追加した。

(2009.5.14 読売新聞)
タグ:香川県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。