ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 沖縄県 > 沖縄県竹富町 ふるさと納税 ニュース

沖縄県竹富町 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税は約521万円 竹富町08年度

町職員の94%が協力
竹富町が昨年10月から受け付けている「ふるさと応援寄付金」(ふるさと納税)の2008年度実績は、寄付件数が120件、金額は520万9100円だった。町では、6月補正で各事業ごとに配分し、それぞれの目的別に寄付金を有効活用することにしている。また、09年度は、本年度実績に基づき500万円を予算化。今月中に同納税をアピールするパンフレットやチラシを町外の郷友会や町内の宿泊施設、観光施設などに配布し、観光客や郷友などからのふるさと納税を強化することにしている。

同制度は、ふるさとや応援したい市町村に寄付することで、寄付した額の5000円を超える部分について住民税や所得税がおおむね1割を上限に全額控除される仕組み。
 町では、自然環境の保全や教育振興など7項目の使途を設定。市内在住の町職員をはじめ、各地の郷友会員や観光客など幅広く、協力を求めてきた。
 この結果、08年度実績として120件、520万9100円の寄付が集まった。
 このうち郡内からは町職員86人(93.5%)を含む102人、275万9100円、本土から13件、228万円、本島から5件17万円の寄付が寄せられた。町では、寄付者の使途指定に基づき寄付金を事業別に配分。6月補正で基金から一般会計に繰り入れ、各事業の担当課で寄付者の使途指定に沿って有効活用することにしている。事業別の配分は▽自然環境の保全(14件)56万9000円▽歴史的・文化的遺産等の保全・活用(9件)28万4000円▽教育振興 (22件)121万3000円▽産業振興(15件)45万9000円▽社会資本整備(5件)28万7000円▽保健・福祉および医療事業(27件)120 万1000円▽その他(38件)119万6100円となっている。

今後は、竹富町と同制度をPRするパンフレットやチラシ、料金後納の封書と合わせて町内外のホテルや民宿、船会社、出張所などに置くほか、町外の郷友会あて送付し、広く観光客や郷友らにも同制度に対し協力を求めることにしている。

(2009.4.14 八重山毎日新聞)
タグ:沖縄県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。