ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 和歌山県 > 和歌山県串本町 ふるさと納税 ニュース

和歌山県串本町 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:第1号沼田さん、後世に伝える手助けできれば−−串本 /和歌山
 ◇「トルコは命の恩人」

 串本町は13日、「ふるさと納税」第1号として、東京都羽村市の沼田準一さん(66)から5万円の寄付を受けたと発表した。沼田さんは85年のイラン・イラク戦争の際、トルコ航空の救援機で救出された日本人の一人。119年前、串本の人たちがトルコ軍艦の遭難者救助に尽力した両国の友好の歴史を知り、「串本町民の温かい心が、巡り巡って私たちを助けてくれた。これを後世に伝える手助けができれば」と話している。

 沼田さんは当時、日産自動車の海外技術協力部員として、イランの首都テヘランの日本人地区に居住。トルコ航空の救援機で脱出し、「トルコは命の恩人。感謝の気持ちでいっぱい」と言う。

 軍艦遺品発掘調査団のトゥファン・トゥランル団長は沼田さんとの電話で、「トルコ航空の行動は私たちにとっても誇り。未来でもトルコ人は日本人を助けるでしょう」と話した。松原繁樹町長も「国際交流や発掘調査などに有効に使わせてもらいます」と語った。【山本芳博】

(2009.2.14 毎日新聞 地方版)
タグ:和歌山県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。