ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 沖縄県 > 沖縄県 ふるさと納税 ニュース

沖縄県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:511件、8357万円 HP奏功で浦添が1位

 県市町村課のまとめによると、2008年に県内自治体に個人から寄せられた寄付は、県と市町村合わせて511件、8357万円だった。

 出身地や応援したい自治体に寄付すると住民税などが控除される「ふるさと納税」制度が昨年5月に始まったが、寄付を募るホームページ(HP)を作成した自治体は一団体当たり平均が298万円だったのに対し、HPなしの自治体は36万円にとどまった。

 昨年1月から同12月末日までに、寄付金額が最も多かったのは浦添市の1216万円だった。このほか南城市829万円、本部町665万円、那覇市646万円と続いた。

 件数では竹富町の110件が最多で、中城村44件、県37件、座間味村35件の順だった。41市町村のうちHPを作成しているのは25自治体で61・0%。市町村寄付総計のうち金額で94%、件数で93%がHP作成自治体に集中。件数がゼロは7自治体で、いずれもHPなしだった。

(2009.1.16 琉球新報)


タグ:沖縄県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。