ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 京都府 > 京都府和束町 ふるさと納税 ニュース

京都府和束町 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税、茶の町和束へ
パンフ作製、受け付け開始

 京都府和束町は9日、ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)を呼びかけるパンフレットを作り、受け付けを始めた。特産の茶業振興など五つの分野別に、使い道と寄付額を指定できる仕組み。寄付者には、和束産の煎茶(せんちゃ)が贈られる。

 同日の記者会見で堀忠雄町長は「寄付金に込められた思いを生かし、和束の良さを守るまちづくりに役立てたい」と話した。

 パンフはA3判二つ折り。表紙に鷲峰山の中腹から写した和束町内の写真と、「緑の茶畑をいつまでも」と呼びかけの言葉を配した。町内外のイベント会場で配るなどして、PRするという。

 寄付は▽自然が輝く緑豊かなまちづくり(環境保全)▽住んでよかったうるわしのまちづくり(交通・防災)▽こどもからお年寄りまで元気なまちづくり(人権・福祉)▽文化が香る元気なまちづくり(教育・文化)▽行ってみたい茶源郷づくり(産業・雇用)−の五つの分野別に金額を指定できる。
 寄付金制度は、今年始まった国のふるさと納税制度に基づき、9月定例議会で基金条例を制定して設けた。問い合わせは町総務課TEL(78)3001。

(2008.10.10 京都新聞)
タグ:京都府
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。