ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 兵庫県 > 兵庫県洲本市 ふるさと納税 ニュース

兵庫県洲本市 ふるさと納税 ニュース

堀井さん洲本市に950万円
「ドラクエ」手掛けたデザイナー ふるさと納税で寄付

 洲本市は7日、人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズを手掛けたゲームデザイナー・堀井雄二さん(54)(東京都在住)が、ふるさと納税制度を利用して市に950万円を寄付したと発表した。同市出身の堀井さんは、かつての商店街の活気を懐かしみ、「淡路島に生まれたことは今も私の誇り」との談話も寄託。市は「寄付して良かったと思ってもらえる使い道を考えたい」としている。

 堀井さんの実家は同市本町にあったガラス店で、自身は県立洲本高校を経て早稲田大に進み、フリーライターに。1986年にデザインした「ドラゴンクエスト」が大反響を呼び、シリーズ化後も手掛けている。

 市によると、9月15日に本人から申し出があり、同24日に銀行振り込みで寄付された。談話で、堀井さんは「実家から海にも山にも歩いて行けて、その環境を当たり前のように思っていた子供時代を、とても懐かしく思います」と回想。大勢の人でにぎわう商店街で「自転車にひかれた」こともあるといい、好きだった当時の活気を取り戻すのに「少しでも貢献できれば幸いです」と結んでいる。

 記者会見した濱田知昭・副市長は「金額的にもありがたいが、堀井さんのような人が洲本、ひいては淡路島の出身だと多くの人に知ってもらえれば、PRにもなる」と歓迎。市の活性化に向けた施策に生かす考えという。

 今回を含め、ふるさと納税制度による同市への寄付は7件、963万8000円に。7月から受け付け、寄付総額は淡路市(約512万円)を逆転したが、件数では同市の91件に大きく水をあけられている。濱田副市長は「島内出身者でつくる東京淡路会や、職員による市出身の知人への声かけなどで寄付を呼びかけたい」としている。

(2008.10.8 読売新聞)
タグ:兵庫県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。