ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 福島県 > 福島県只見町 ふるさと納税 ニュース

福島県只見町 ふるさと納税 ニュース

只見町に3000万円寄付

 只見町は22日、ふるさと納税を受け入れる「自然首都・只見」応援基金に3000万円の寄付があったと発表した。県は「これまでの県内最高額ではないか」としている。

 町によると、9月2日に教育や施設に入所する高齢者の生活に役立ててほしいと申し出があり、12日に全額入金された。寄付者の希望で町との縁や住所、氏名、性別などは明らかにしていない。

 小沼昇町長は「ふるさとを思う心情に感激し、心から感謝したい。子供たちの教育と高齢者福祉に役立てていきたい」とのコメントを出し、今後、この寄付者を「只見あしながおじさん」と呼ぶことにするという。

 ふるさと納税は、出身地など応援したい都道府県や市区町村に寄付すると、所得税や個人住民税が控除される制度。県によると、8月末現在、県に21件約74万円、市町村に360件約4500万円の寄付が寄せられているという。福島市にも今月、2000万円が寄付されている。

(2008.9.23 読売新聞)
タグ:福島県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。