ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 兵庫県 > 兵庫県淡路市 ふるさと納税 ニュース

兵庫県淡路市 ふるさと納税 ニュース

桂吉弥さん 淡路市に寄付
祖母の実家が縁 ふるさと納税活用

 NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」に出演した落語家の桂吉弥さん(37)が、祖母の実家がある淡路市に「ふるさと納税制度」を利用して寄付した。出身は大阪府茨木市だが、「子どものころから夏には家族で遊びに来た、大切なふるさとの一つ」といい、市の“ごひいき衆”に加わった。

 吉弥さんは、主人公の兄弟子「徒然亭草原」役を演じ、一躍人気者に。淡路島はドラマの舞台にはならなかったが、4月には同市で落語会を開き、祖母の前で一席。「思い出の地でやれて、ほんまにうれしかったですわ」と、この時に知ったふるさと納税による寄付を思い立った。

 市は6月から「夢と未来へのふるさと寄付金」と銘打って受け付け、10日までに67件、403万9000円が寄せられた。門康彦市長は「大事に使わせていただく」と感謝。寄付金は環境・景観の保全事業などに充てられる予定で、吉弥さんは「今も心に残る美しい海や山を、いつまでも守ってほしい」と話している。

(2008.9.12 読売新聞)
タグ:兵庫県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。