ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 福岡県 > 福岡県大川市 ふるさと納税 ニュース

福岡県大川市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税:大川市、あすから受け付け 寄付者に特産品贈呈 /福岡

 大川市は「ふるさと納税制度」による寄付金の受け付けを5日から始める。1万円以上寄付した人には、季節の特産品を贈ることにした。寄付金は「大川市ふるさと基金」として積み立て、地域振興に役立てる。

 同制度は、居住地ではなく、出身地や好みの自治体に寄付すると、住民税や所得税の控除が受けられる内容で、今年4月の地方税法改正で導入された。制度を利用して同市に納めた人は3日現在、まだいないが、市は特産品を贈ることで制度利用を促進したい考え。

 寄付金は中学校の数学の学習サポーター配置や太陽光発電装置の設置、ふるさと回帰応援事業などに役立てるという。また、1万円以上の寄付者には、筑後川のエツの甘露煮▽天然ウナギの蒲(かば)焼き▽イチゴ▽イチジク▽有明海産のノリなどの中からいずれか一つ、希望の謝礼が贈られる。9月定例市議会に、贈答品の購入費やPR代として関連予算20万円を補正予算に計上する。

 問い合わせは市企画課0944・87・2101。【松尾雅也】

〔筑後版〕

(2008.9.4 毎日新聞 地方版)
タグ:福岡県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。