ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 沖縄県 > 鹿児島県 ふるさと納税 ニュース

鹿児島県 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税 1カ月で81件403万円
4分の3は市町村指定

6月から本格的な募集が始まった鹿児島県を窓口とする「ふるさと納税」に1カ月で全国から81件、約403万円の申し込みが寄せられたことが1日分かった。25件分、約102万円が入金済みとなっている。
 県財政課によると、内訳は東京事務所経由が53件分の約205万円、大阪事務所経由が14件分86万円、福岡事務所や同課への申し込みが14件分112万円−となっている。うち4分の3が寄付先として市町村を指定したという。ふるさと納税は県が窓口として受け付けた場合、指定の市町村に6割を分配。指定がない場合は6割の4分の1を全市町村で均等割りし、残りを人口割りで分配する方式をとっている。
 ふるさと納税の受け付け方法として県は、従来の郵送やファクスなどでの申し込みに加え、新たに県のホームページに申し込み用入力画面を設け、直接送信できるようにした。県のホームページはhttp://www.pref.kagoshima.jp/

(2008.7.2 南日本新聞)
タグ:鹿児島県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。