ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。

平成20年よりスタートしたふるさと納税。
その仕組みと各自治体の動きをお伝えいたします!
ふるさと納税.com|都道府県,市区町村に寄付をすると,税金上の優遇があります。トップ > 兵庫県 > 兵庫県丹波市 ふるさと納税 ニュース

兵庫県丹波市 ふるさと納税 ニュース

ふるさと納税 カニや但馬牛で“お礼” 香美町

 ふるさと納税制度による寄付金獲得を狙い、香美町が、カニや但馬牛肉など五千円相当の特産品を“お礼”として寄付者に贈るPR作戦を計画している。一万円以上の寄付者が対象で、但馬では初めての試み。寄付金を管理する「香美町ふるさとづくり基金」創設に向けた条例案は二十四日の同町会で審議され、可決すれば早速、都市部の町出身者などに寄付を呼び掛けるパンフレットなどを配るという。(岩崎昂志)

 同制度は、生まれ故郷や応援したい自治体に五千円以上の寄付をした場合、その額に応じて、居住地の住民税が最大で約一割軽減される。地方出身の都市住民などの利用が想定されており、四月末の法改正を受けて全国で取り組みが始まった。

 寄付金のうち、五千円分は寄付者にとって税の軽減対象にならないため、香美町では同額の“特典”を検討。一万円以上の寄付に対しては特産品を贈り、制度の魅力をアピールする考えだ。

 基金の使い道は、子どもの教育を中心に、福祉や産業振興などの六分野から、寄付者が指定できるようにする。原則として寄付から二、三年以内に使用し、その成果を公表するという。

 深刻な財政難に陥っている同町にとって、寄付金は貴重な活力剤になり得る。藤原久嗣町長は「ふるさとの味覚を届けることで、寄付を毎年続けてもらえれば」と期待を寄せている。

 同町企画課TEL0796・36・1962

 但馬では、豊岡、朝来市、新温泉町が制度を導入済み。養父市は現在、市会で条例案を審議している。

(2008.6.24 神戸新聞)
タグ:兵庫県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。